17 4月
  • By CWS JAPAN
  • Cause in Africa

ミャンマー / 食と健康

味の素「食と健康」国際協力支援プログラムを2016年4月より実施しています。家庭菜園や小規模家畜飼育の普及を通じて5歳未満児の栄養の改善を目指しています。対象地域の村の人々は洪水や浸食の影響で家や田畑を失い、とても困難な状況にあります。お母さん達は「この活動に参加して栄養や野菜栽培・鶏の育て方について学んで、栄養のある食べ物を子ども達に食べさせたい」と、とても意欲的です。私たちCWSスタッフも、子ども達がより健康になるよう、お母さん達と一緒に活動していきます。