10 3月
  • By CWS JAPAN
  • Cause in

東日本大震災から10年。CWS Japan設立から10年。

2011年3月11日に発生した東日本大震災から10年が経とうとしています。

津波が建物をそして人々を飲み込む様子、瓦礫がつまれた地域が報道されるなか、海外から一人の日本人職員が東日本に駆け付けました。CWS Japanはそこから10年間、ともに活動する仲間を増やし、多くの方々のご支援とご協力、温かいお言葉に支えられながら、国内外の災害・防災支援に携わることができました。本当にありがとうございます。

わたしたちが行う支援活動の多くは、わたしたち単独でできるものではありませんでした。わたしたちが当時から現在に至るまで、こだわっているのは「パートナーシップ」です。支援の現場で、1+1=3以上になるような連携を考えに考えていました。まるで、白いキャンバスに絵を描くように、全体像を把握しながら各支援活動の導線がうまくまわるように、そして各パートナー団体の強みが活きるよう、協力してきました。

わたしたちが支援活動のなかで出会った被災者の方や支援者の方、全ての方々が、あの日、あの瞬間、あの場所で、または違う場所で、一人一人がどのようなご経験をされ、どのような気持ちを抱え、そして今日に至っているのか想いを馳せながら、この節目に今一度、わたしたちにとって防災とはなにか考えてみました。

  • 防災とは
  • “みんなができる「あたりまえ」を見つめ直す活動”
  • “自然と共存でき、精神的な豊かさが享受できるよう、周りの人と共に行う活動”
  • “「災害」を「悲しみ」にさせないこと”
  • “自分の身を守るという輪を他者との関わりを通して広げること”
  • “コミュニティから孤立した人々に繋がること“
  • そして、
  • “大切なモノ・コト・トキを守ること”

 

あれから10年の月日が経ち、大きな災害を経験したことのない世代も生まれています。災害は経験したくはないですが、必ず起こるものです。わたしたちが支援現場で被災者の皆様からお聞きする「まさか」「こんなはずではなかった」という経験や教訓は、その場限りのものにするのではなく、次の災害で多くの人々の大切なモノ・コト・トキを守るために、伝えていく必要があると考えています。そして、それは決して、わたしたちだけでできることではありません。これまでも大事にし続けていた「人と人との繋がり」を一層大事にし、一人でも多くの方が災害時に大切なモノ・コト・トキを守るという選択肢を増やすことができるよう、社会に意義のある変化をもたらせるように邁進してまいります。

この10年間、本当にありがとうございます。この10年はCWS Japanが被災者の皆様、支援者の皆様、パートナー団体の皆様、関係者の皆様、そして職員の家族と歩んできた10年です。今後とも、皆さまの温かいご支援・ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

CWS Japan職員一同

TAGS: