• By CWS JAPAN
  • Cause in
「ミャンマー・エーヤワディ地区における洪水被災者のための生活再建支援事業」 2017年1月から6か月間、CWS Japan 及びCWS Myanmar 事務所は、フェリシモ基金事務局「フェリシモ地球村の基金」を通じて、洪
  • By CWS JAPAN
  • Cause in
今回の災害から得られた教訓と課題 7月5日~6日にかけて九州北部地方で発生した豪雨は、同地方で50年に一度と言われた豪雨災害発生からわずか5年後のことでした。私が初めて被災現場に入った8月3日はまだ大量の流木が町中に散乱
  • By CWS JAPAN
  • Cause in
被災現場に入る支援者の姿勢 被災現場には、日々、外部から大勢の人々が訪れます。その数も分野も緊急時であればなおさらです。現在、応援に入っている九州キリスト災害支援センターでは、新しいボランティアが到着する度に、現場に入る
  • By CWS JAPAN
  • Cause in
CWS Newsletter No. 16 を発行しました。是非ご覧下さい 【Contents】 【九州北部豪雨災害支援】九州キリスト災害支援センターとの連携の始まり 【フェリシモ地球村基金】事業完了のご報告 ISAP(
  • By CWS JAPAN
  • Cause in
【災害と地域住民】 「朝倉市杷木 中川夫妻」 初めて中川さんの泥かき作業に伺った時、発災からちょうどひと月が過ぎていた頃でした。自宅に隣接された資材置き場は背丈以上の高さの泥の山で埋め尽くされていました。20人の人海戦術
  • By CWS JAPAN
  • Cause in
土砂崩れと人工林 この度の九州北部豪雨災害は、集中豪雨によって、山間部のいたるところで表層崩壊が発生し、大量の流木が河川をせき止めたことで被害を拡大させました。その量、福岡県だけで20万トン(50mプール144杯分相当)