15 8月
  • By CWS JAPAN
  • Cause in

【アフガニスタン防災力向上事業】 本邦研修開催報告

2017年7月2日~7月8日の日程で、アフガニスタンより10名を招聘し日本での研修を開催しました。

研修は、正式な地図や自然災害についての学校教育がほぼ行われていないアフガニスタンで、彼らの祖国でどんな災害が起きているのか、また災害被害についての対策を共有することからはじめました。その後、日本の土砂災害への取り組み、過去の土砂災害や洪水災害被災地への現場(群馬県・茨城県)視察、そしてハザードマップ作成に不可欠な等高線の読み方、GIS基盤図の作成方法、作成した基盤図を元にした地形判読、警戒地域設定手法演習、アフガニスタンでの導入計画の協議などを行いました。
今回本邦研修に参加した10名は様々なバックグラウンド(国家災害庁、コミュニティメンバー(専門:土木・農業・法律、地方政府)を持っていましたが、将来防災に関して積極的に関わっていきたいという思いを全員から強く感じました。質問がでない研修テーマはなく、最終日には一連のハザードマップ作成操作を復習できるまでになったキーメンバーもいたほどです。CWS Japanとしても、アフガニスタンの安全・安心に向けて今後のフォローアップに力を入れていく所存です。