09 6月
  • By CWS JAPAN
  • Cause in

【女性・子どもの支援】コミュニティワールドサービス・アジア / ナンガハル州(アフガニスタン)

協力団体:コミュニティワールドサービス・アジア
プロジェクト期間:2015/1-2016/1

アフガニスタン、ナンガハル州において女子の就学率を上げるため、8の女子校、地域住民、地方行政と一緒に活動している。同地域の多くの人々は女子教育の重要性についての理解に乏しく、学校の教師は効果的な指導方法が分からない状況であった。そこで本事業では、約80名の地域住民を対象とした女子教育についての理解向上セッションを実施し、PTC会議も毎月開催した。100名の教師への指導法トレーニング、500名の子どもへの就学用品の提供なども行った。その結果、事業開始前と比較し、女子生徒の入学数が約2倍(2014年新入生613名から2015年新入生1106名)に増加した。本事業は2016年1月末で終了し、現在も同地区での活動を継続している。同事業はジャパン・プラットフォームの助成で実施した。