06 6月
  • By CWS JAPAN
  • Cause in

【女性・子どもの支援】コミュニティワールドサービス・アジア / ナンガハル州(アフガニスタン)

協力団体:コミュニティワールドサービス・アジア
プロジェクト期間:2016/3〜2017/1

アフガニスタン、ナンガハル州において女子の就学率を上げるため、15の女子校、地域住民、地方行政と一緒に活動している。同地域の多くの人々は女子教育の重要性についての理解に乏しく、学校の教師は効果的な指導方法が分からない状況であった。そこで本事業では、約288名の地域住民を対象とした女子教育についての理解向上セッション、190名の教師への指導法トレーニング、2,300名の子どもへの就学用品の提供などを行っている。 同州では自然災害も多く毎年被災者が発生する。災害被害を減らすため、各学校に防災委員会を設立し、災害管理局員への研修も行っている。学校では450名の生徒・教員を対象に防災減災教育・避難訓練を実施している。20名の地方災害管理局員へも研修を行い、地域と学校が協力し、防災・減災が地元の人たちで実践されるように支援していく。 同事業はジャパン・プラットフォームの助成金及び個人・団体の皆様からのご寄付で運営されている。