九州北部豪雨災害2017

九州北部豪雨災害2017

昨年の熊本地震に続き、再び九州で災害が発生しました。今回の災害で、昨年の熊本地震を機に地元熊本で設立された「九州キリスト災害支援センター(九キ災)」が大分県日田市にベース(現場事務所)を開所したことを知り、CWS Japanではスタッフ1名を応援に派遣することにしました。今回の災害支援を通して出会った人々や活動のストーリーをお届けします

活動ストーリー

【災害と地域住民】
「朝倉市杷木 永野さん」

MrNagano
私が初めて永野さん(81歳)に被災したご自宅でお会いした時、永野さんのお話が6割程度しか理解できませんでした。聴き慣れない方言のせいもあったかもしれませんが、まだ気持ちが落ち着いていなかったのか、話の内容も少々混乱していました。筑後川沿いで独り暮らしをしている永野さんの自宅は、今回の豪雨災害で1階が全て浸水しました。私たちが訪問した時は、家財と床板も全て取っ払われ、泥が掻き出されていた状況でした。

MrNaganosHouse

自宅はとても住める状態ではなく、現在も避難所生活が続いています。泥かき作業の時に打った肋骨の痛みと作業から出る粉塵のせいで咳も出始める中、避難所では周囲の声が気になって眠れないなどの睡眠障害を訴えていました。骨折が心配だったので、病院でレントゲンを撮るよう勧めましたが、家の片付けを優先したいあまりになかなかそのような気持ちになれないと訴えていました。その日はちょうど福岡市から看護師のボランティアが参加していたので、早速、打った部分に湿布を貼ってあげたことをきっかけに、永野さんの気持ちも少しずつ和らいでいきました。

先週末(8/12)、作業に訪れた時には、ちょうど水俣市から息子さんが帰省したので、やっと病院に受診することができ、骨折していないことが分かりました。その日は、一日息子さんも一緒に裏の畑で泥かきをしました。作業をしながら、息子さんが9歳の時にお母さんが亡くなり、永野さんが薬局を営みながら、今の自宅で二人の子供達を育て上げたお話などを聞きました。

また週明けにお会いした時、今までにない笑顔で迎えて下さったので、聞いたところ、その翌日、息子さん一家が総出で、家の片付けを手伝ってくれたそうです。気持ちがとても落ち着いたせいか、気づくとだいぶ分かり易く話してくれるようになっていました。このようにして、日々、地域の方々と一緒に作業していると、気持ちが通じ合い、お互いに励まされています。

投稿日:2017年8月16日

活動ストーリー

【災害と地域住民】
「朝倉市杷木 高木区長夫妻」

MrandMrsTakagi
現在、支援に入っている福岡県朝倉市杷木(旧杷木町)は、今回の九州北部豪雨災害で、最も多くの住宅被害を出し、死者も出した町です。人口2952人、高齢化率33.6%という同町の一地区に日々通い、地域住民の皆さんと泥かき作業を行っています。毎朝、8:30に杷木に着いて先ずは高木区長さんのお宅に向かいます。区長さんは、地域住民の皆さんから要望を受け、その日の作業現場と内容を指示してくれます。

杷木の中学校で体育教師をされていた高木区長さんは地元出身の方ではなく当時小学校教員されていた奥様と結婚後、奥様の実家がある現在の地で暮らし始めました。県や市町村によっても異なりますが、この地域の区長は有給のポジションではなく、2年任期制のボランティアということで、ほとんど輪番制で就任するそうです。これほどの大災害が起きると、地域でリーダーシップをとるという責任の重さに耐えきれず、区長がいなくなって交代してしまう地域もあるそうです。そういう訳で、2年後に次期区長を引き継いでくれる後継者が現れないのではないかというお話でした。発災後、頻繁に区長が集まって会合を開いているそうですが、現在のところ、住民の要望をとりまとめ、区長会から行政に提案できるだけの意見集約やリーダーシップが取れていないそうです。

今回の災害で、動ける若年層は既に移住を決めて地域を離れ始めており、土地に愛着のある高齢者ばかりが残っていくことが心配されています。そんな状況の中、高木区長さんは地域のために自ら休まず毎日、作業に出ていること、ご自身も被災しているにも関わらず、自分の家は後回しにして他のお宅に優先的に作業ボランティアを配置している姿勢に大変驚かされました。初めてお会いした時も自転車で地域内を駆け回っている姿が印象的でした。

投稿日:2017年8月14日

【災害支援と教会】
「九州キリスト災害支援センター日田ベース ディレクター
日田福音キリスト教会 竹崎光則牧師」

竹崎牧師
2017年7月に発生した豪雨災害後開所された九キ災日田ベースのディレクター(統括責任者)を務めておられるのは地元日田市の教会の竹崎光則牧師です。竹崎先生は、ご自身の教会の仕事をしながらも朝倉市杷木の被災現場に通い、日々ボランティアスタッフとともに汗を流し、泥かき作業をされています。

兵庫県明石市出身の竹崎先生は、高知、山口、沖縄の教会赴任を経て、現在の日田福音キリスト教会に着任し、ちょうど10年目を迎えた今年、地元日田市が豪雨災害に遭いました。竹崎先生と災害との関わりは、20代の頃、自身の通学や生活の場であった神戸の街が破壊された阪神淡路大震災まで遡ります。そして2011年、東日本大震災が発生し、その翌年から牧師仲間と始めた被災地の子ども達にクリスマスプレゼントを届ける「サンタ・プロジェクト」がその後の熊本地震や今回の九州北部豪雨災害支援につながっていったそうです。

熊本地震発生後、九州の牧師仲間が九州キリスト災害支援センター(九キ災)を立ち上げることになり、竹崎先生は陰から仲間を支えました。その1年後に大分県と福岡県にまたがって豪雨災害が発生。実は同地域では5年前にも豪雨災害がありました。その時に支援活動が行えなかったという後悔もあり、竹崎先生は、地域に仕える教会として「今度こそ何かしたい!」という強い想いに駆られたそうです。自身で被災地のモニタリングを行っていた頃、久留米市の教会がベースを一度は立ち上げたものの、その役割を担い切れず断念するという結果に終わってしまい、竹崎先生に白羽の矢が立てられました。

最初は「ボランティアを教会に泊めるぐらいで良いか。」と軽い気持ちで引き受けたそうですが、九キ災のメンバーと実際の被害状況を目の当たりにして、日田にベースを立ち上げて被災地支援を行う必要性を感じました。そこで「物件を探そう!」という話になり、リフォーム会社を経営する教会員が所有する空き家がすんなり見つかり即決しました。「とにかくボランティアが活動し易い環境づくりをしよう!」「無理なことはしない。」また、九キ災熊本ベースから専任スタッフが派遣されてくるという話もあって、日田ベースの責任者を引き受けることに決めたそうです。最低1カ月、最長3か月と支援期間も決められ、クリスマスまでには役割を終えられるというタイミングの良さもありました。

その一方で、「教会員の反応はどうだったのか?」日田福音キリスト教会の方々にお話をうかがったところ、「教会のリーダーである先生がそう決めたのでしたら、私たちは賛成します。」だった。3分の1が65歳以上という教会の皆さんが支援現場に出かけて作業をすることは無理でも、物心両面からだったらボランティアを支えられると、代わる代わるボランティアに食事等の差し入れを提供して下さっています。竹崎先生曰く、「この活動が教会員の皆さんにとって地域奉仕への訓練になっている」のだそうです。将来的には、このような奉仕活動が地域の一人暮らしの高齢者への奉仕などにもつながることを期待されています。

最後にもう一つ。各地から九キ災を通してボランティアが日田市を訪れ、日曜日には同教会の礼拝に出席してくれるようになったことで、教会に新しい風を運び、活性化につながっているそうです。私自身も先日、礼拝に出席させていただきましたが、教会員の皆さんから大変な歓迎を受けました。「災害支援ボランティアが集まってくることで地元の教会が活性化する。」このような形で、被災者だけでなく、支援する側の関係者にとっても様々な素晴らしい相乗効果が現れています。

投稿日:2017年8月9日