地域別活動内容

アジアにおける活動

CWS Japanは、CWSアジアの一員として、アジアの国々で活動を行います。
CWS Japanの設立に至った、東日本大震災の被災地を支援する活動を、地域毎にご覧頂きます。60年以上アジア地域で培った経験と東日本大震災の経験を活かし、今後は日本社会に貢献しながらアジアの国々を支援する活動を行います。

日本での取り組み

福島

福島第一原発事故以降、市民による国際会議の開催、放射能汚染地域で暮らす子ども達のための県外保養への支援、子ども達の生活圏内の空間放射線量(3点)測定と保護者・地域住民とのデータ共有や啓発活動、また子ども達のストレスを軽減策の一つとしてのカラーセラピーや指導者養成など放射能防護を目的とした様々な活動を支援しています。

詳細を見る

宮城

気仙沼市において、2011年以降の活動成果を引き継ぎ、学校・地域間の連携を重視した地域住民主体の防災啓発活動のモデル作りの活動を支援しています。

詳細を見る

岩手

発災後、陸前高田で巡回診療等による医療サービスの提供、仮設トイレなどの物資提供による避難所の環境改善などを行いました。また、支援者が少なく優先課題であった害虫駆除の活動を支援しました。

詳細を見る

地域を超えた活動

日本全体を対象として、災害支援の経験・教訓と防災対策を共有し、支援を行う団体や自治体の今後の活動に生かしていくための話し合いや計画づくり、支援団体の能力強化や人道支援課題の解決を導くイノベーション創出など、地域を超えた活動を行っています。

詳細を見る

タイでの取り組み

タイ北部

タイは日本と同様、洪水などの自然災害が多い国です。CWSアジアにおいて、緊急復旧支援活動を行っています。

詳細を見る

ミャンマーでの取り組み

エーヤワディー管区

サイクロンナルギスの緊急支援以降、地域に根差した防災の取り組みを支援しています。

詳細を見る

カレン州

ジャパン・プラットフォームからの助成を受け、パヤトンズ・サブタウンシップの村で山の湧水を利用した給水事業を実施しています。

詳細を見る

アフガニスタンでの取り組み

ナンガハル州

ジャパン・プラットフォームからの助成を受け、ナンガハル州において女子教育支援事業を実施しています。

詳細を見る

ラグマン州およびカイバルパクトゥンクワ州(パキスタン)

ジャパン・プラットフォームからの助成を受け、アフガニスタン・ラグマン州およびパキスタン・カイバル・パクトゥンクワ州において緊急越冬物資配布事業を行いました。

詳細を見る