CWS Japanを知る

CWS Japanとは?

米国に本部を置くCWSの歴史は、敗戦直後の日本へ贈られた救援活動のララ物資から始まりました。CWS日本委員会は1946年東京に事務所を開設し、1952年迄ララ物資の配給活動を実施。以降CWS日本委員会は国際キリスト教奉仕団と名称を変更し、1963年までCAC物資による支援活動を継続しました。その流れから1958年に日本キリスト教奉仕団が創設され障がい者支援活動を現在も推進しています。2011年には東日本大震災に対する緊急支援を行うため、CWSとして再び東京に事務所を開き、CWS Japanが設立されました。

アジアにおける活動 CWSアジア[CWS-Asia]

国際人道支援団体CWSのアジア太平洋地域の支援組織として、1947年に活動を開始した。バンコクを中心に、ミャンマー、タイ、日本の支援活動を管轄する。他アジア地域において、CWSアジア太平洋以外に、パキスタン・アフガニスタン(現地法人化)、カンボジア、インドネシア、東ティモール、ベトナムを拠点とし活動を行う。

アジア地域のサイト

世界で活動するCWS

第2次世界大戦後1946年に、多くのキリスト教派が災害支援や難民支援のために集まり、世界で活動するため組織化したのが活動の始まりである。ニューヨークに本部があり、現在アフリカ、中東、アジア、北南米、欧州の約30か国で活動を行う。

window CWSサイト

活動の目標

宗教、人種、国籍などにかかわらず、全ての人の人権が尊重され、平和で安全に暮らすことが出来るアジア太平洋地域と、国際社会の実現をめざします。

使命

自然災害、貧困、紛争の影響を受けている人々の生活に、持続可能で良い変化をもたらすための活動を行います。
日本も含めたアジア太平洋等の地域社会を支援し、地域と共に働くことにより、最も弱く傷ついた人々の生活の質を向上させるために働きます。

活動の基礎となる5つの価値観

課題の全体像を見る。課題の根本原因を常に考え、緊急支援から始めた活動であっても、長期的な視点で必要な支援を考えます。
地域社会を中心に考え、活動計画において、人々の参加を得るように積極的に取り組みます。特定の支援活動期間にとどまらず、長期的に地域が必要とし自立するために必要な活動を考えるために、計画・実行・評価のあらゆるプロセスにおいて、地域住民と共に考え、ともにに課題解決に取り組みます。
支援を受ける人の視点・価値観を重視する。あらゆる宗教・政治に対し中立な立場をとり、人道支援や政策提言などにおいて、苦しむ人々にとって持続的に良い影響をもたらす活動を行うことを最重視します。
高いプロ意識を持つ。CWS-Asia及び世界のCWSとのネットワークを駆使し、60年の経験を共有しより専門的に質の高い活動を目指します。
活動の妥当性を追求し、効果を向上するため、学び続ける組織である。

CWS Japanの活動におけるネットワークの意味

CWS Japanは、「連携」「協働」の出来る団体(機関)の集合体を、ネットワークと考えています。
CWS Japanは、災害や社会構造の中で苦しむ人々や弱者の問題を、解決するために活動する団体です。現在の複雑な社会構造において、一団体だけで取り組める社会的課題は何一つないと考えます。一人のためにも世界をつなげるために、その課題解決に必要なネットワークを活動の重要な推進力とします。

CWS Japanのパートナーとの関係性
  「CWS Japanにおけるパートナーとは?」

CWS Japanは、ネットワークを構成する一つ一つの団体および「連携」「協働」の可能な団体をパートナー団体と言い、「連携」「協働」による相互作用によって、活動の更なる付加価値を生み出す事の出来る、良好なパートナーシップ関係を築きます。
CWS Japanは、CWS Japanのネットワークあるいはパートナー団体の中心軸(ハブ)となって、各々の強みを繋げ、より効果的な社会的課題の解決、継続的変革への活動推進を行います。
CWS Japanは、社会的課題の解決にあたって、活動ジャンルを問わず「連携」「協働」ができ、有効で斬新な活動効果を共に作り上げる事が可能な、組織体・団体・企業・学校・個人などを、常に求めます。

keikaku_iconCWS Japanの中期活動指針

自然災害や紛争等の人道課題に対して迅速かつ効果的な対応を、国内外のリソースを総動員して行います。
国内外における災害リスクの削減を有志と共に率先して行います。
現在の社会・人道問題に対してイノベーションを起こす活動を推進します。
防災・減災・人道支援に関して、日本におけるエキュメニカル*連携を促進します。
*キリスト教の教派を超えた結束(連帯)

国内外のネットワーク連携強化の橋渡し役になり、調整・政策提言・協働の輪を更に広げます。また、課題解決に向けた政策提言を行います。

*1 ACTアライアンス (ACT: Action by Churches Together)

スイス・ジュネーブに本部を置く、プロテスタント・カトリック・ギリシャ正教の協力によるキリスト教系国際援助組織。自然災害や国家民族間紛争による被害者に対し、民族・性・宗教・国籍・政治信条などに関わりなく必要な支援を行っている。世界各国から130を超えるメンバー協会や関係団体が、140か国以上で専門家などの現状報告に基づき活動を行う。

ACTフォーラムについて

ACTアライアンスのメンバーが支援活動を行う時、活動国あるいは地域ごとに正式な活動連携の枠組みが必要となり、これをACT フォーラムという。メンバーの連携により活動効果を最大化し、フォーラムでの決定事項を組織として約束するものである。

定款<PDF>

事業報告<PDF>

heartよりよい支援への取り組み

CWSの活動の視点

ACTアライアンスをはじめ、何百もの国際NGO、地域のNGOと連携協力し、地域の主体性を尊重・支援すること
により、活動効果の最大化
を図ります。
活動パートナーの選択は、公平性、透明性、成果重視、任務遂行の責任、相互補完関係の構築などの原則に基づき行
います。
国際機関と積極的に戦略的関係を持ち、様々な国際的活動枠組みに参加することで、活動効果の最大化を図ります。

  • (海外)
  • ACT Alliance人道支援政策及び実践助言委員会委員長
  • Asian Disaster Reduction and Response Network理事・事務局統括
  • World Humanitarian Summit北・東南アジア運営委員会委員
  • Core Humanitarian Standard暫定理事
  • (国内)
  • 支援の質とアカウンタビリティ向上に関するネットワーク(JQAN)代表
  • 防災・減災CSOネットワーク(JCCDRR)共同事務局
  • 日本災害エキュメニカルタスクフォース(JETS)事務局
  • ジャパンプラットフォーム(JPF)NGOユニット副代表幹事
支援の質と責任ある行動を常に考え、国際的行動指針であるSphereCore Humanitarian Standardの日本での促進に積極的に取り組んでいます。
人道支援に関する国際協議に参加し、日本国内の議論と国際的な政策論議の場を繋げる役割を担います。

支援の質(クオリティ)と責任ある行動(アカウンタビリティ)への取り組み

世界で活動する人道支援団体は、過去の多くの経験から学び、よりよい活動や組織作りに生かすために、様々な国際的
行動指針を作成しています。いずれも支援を受ける人の視点に立った責任ある行動が重要なテーマです。CWSは、この
『支援の質(クオリティ)と責任ある行動(アカウンタビリティ)』を、世界の人道支援活動団体に促進し、また継続
的に行われる枠組みや基準の見直しに参加しています。

CWSが取り組む主な国際的行動指針

  • Sphere【スフィア・プロジェクト-人道憲章と人道対応に関する最低基準】
  • Core Humanitarian Standard【コア人道支援基準】

yellow_arrow icon 国際的行動指針について詳しく知る